企業理念

プライベート投資はポートフォリオのより一層の効率化に貢献

海外との比較において、日本の機関投資家のポートフォリオで最も導入が遅れている資産がプライベート投資だといわれています。
アーク東短オルタナティブは、このプライベート投資の導入、拡大によるリターンの向上、
ボラティリティ(リスク)の抑制を通じて、ポートフォリオのさらなる効率化を図ることができると考えています。

プライベート投資に関する総合サービス提供企業

アーク東短オルタナティブは、以下のの3つの機能を使って、日本の機関投資家が
プライベートエクイティ、インフラ投資等に代表されるプライベート投資に取り組みやすい環境を
創造する企業です。

 

  1. アセットマネジメント業務(ゲート・キーパー・サービス)
  2. プレースメント・エージェント業務(ファンド資金募集サービス)
  3. セカンダリー業務(ファンド流動化サービス)

 

グローバル・ネットワークの活用

アーク東短オルタナティブは、グローバル・ネットワークを有する複数の提携先を通じて
プライベート投資に関する総合的なサービスを提供しています。
 

  • プレースメント・エージェント業務については米国イートン・パートナーズと業務提携(2010年)
  • セカンダリー業務については英国セカンダリー専門業者と業務提携(2012年)