ニュースリリース

2015年05月22日掲載
2015年5月20日開催セミナー「超低金利環境下においてプライベート投資の効果を考える」のご報告

5月20日、当社では、アーク東短オルタナティブ プライベート投資セミナー
「超低金利環境下においてプライベート投資の効果を考える~インカム・ゲインとキャピタル・ゲインの両面から~」と題して、機関投資家向けのセミナーを開催しました。
 
当セミナーの趣旨は、超低金利の環境下で、プライベートアセットを使って如何に安定的に
必要なリターンをあげることができるか、ということです。
 
第一部では、東短リサーチ株式会社 チーフエコノミスト 加藤出氏が、「超金融緩和政策の行方とその影響~日本の金融政策の現状と今後の課題~」と題して、最近の市場環境を解説しました。
 

 
第二部では、弊社代表取締役社長の棚橋俊介が、「責任投資型国内バイアウト戦略によるキャピタル・ゲインの獲得」と題して、オープンエンド型のプライベート・エクイティ投資の商品を紹介しました。
 

 
さらに、第三部では、株式会社S.O.Wアセットマネジメント 代表取締役 上林肇氏が、「アセットファイナンス戦略による安定的なインカム・ゲインの追及」と題して、不動産投資から安定的にインカム・リターンを獲得することを狙った投資戦略の説明をしました。
 

 
ご興味をお持ちの方は当社までご連絡ください。
以上、よろしくお願いします。

ニュースリリース一覧へ戻る